女性が興味のある色々な最新トレンド情報を公開中!

帳消し

帳消し「好きな場所にもつれてきてやった。美味しい店にも行ったし。これで帳消しだろ?」
と、彼は言います。

彼と喧嘩をしたのはそれから1ヶ月前の出来事でした。
口論をしている中で、彼が言ってはいけない一言を私に発したのです。
その事について謝って欲しいと頼んだのですが
彼は謝ってはくれませんでした。

ですので私は彼に少し会わない時間を作ろうと申し出ました。
彼もそれに納得していました。

私自身も冷静さを取り戻しつつありましたが、やはり彼の言葉に対してだけは
納得がいきませんし、謝って欲しいという気持ちも消えませんでした。

そんな事を考えてた時間はあっという間で1ヶ月が過ぎていたんです。

彼から電話があり「会おう」と言われたとき、キチンと謝ってくれるんだ。
私も感情的になったことを謝ろう。
そう思ったのですが、彼は上のような事を言ったのです。

私が好きな場所に連れて行って、美味しいものを食べれば帳消しだと思ったのでしょう。
それで流せる人も居るのかもしれませんが
私としてはキチンと区切りを付けたかったんです。

私は私が考えていたことを話しました。
1ヶ月分の考えを話した上で、自分が感情的になった部分に対して謝りました。

しかし彼は謝ってはくれませんでした。
それから少しして、彼とはまた喧嘩をしてしまい別れることになりました。
やはり「帳消しの意識」は良くないものですよね・・・。

PAGE TOP